So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

ピアノの地震対策 [ピアノの管理]


DSC03943.jpg
 「ピアノの地震対策で、何かできる事はないですか?」とお客様から聞かれることがよくあります。
 
ピアノはアップライトピアノでも、200Kg前後から、重いものですと300Kg近くまでありますので、やはり地震の対策を何かしたくなりますね。 
 
アップライトピアノ(縦型ピアノ)で簡単にできる方法が、地震用のインシュレーターを設置する事です。
 
まず、ピアノの前のタイヤは、写真手前の黒いインシュレーターを敷きます。金具で固定するようになっています。
 
後ろのタイヤは、白いインシューレーターを敷きます。白い部分はプラスチック製です。
大きな地震が起きると、このプラスチックが割れて、ピアノが後ろの壁に倒れかかり、前へ暴走してこない仕組みになっています。 
 
このため、ピアノの後ろに壁のある場所でないと使う事ができません。 
 
DSC03944.jpg 
私達、調律師が1人でインシュレーターを設置する時は、ピアノ専用のジャッキを使います。 
 
ジャッキは25cmくらいの小さなものですが、これでピアノを持ち上げて、片側ずつ設置していきます。
 
 
ただ、ひとつ気を付けて頂きたいのは、地震対策をしたからといって安心せずに、地震が起こったらピアノからはなるべく離れてくださいね。 
 
ご興味のある方は、ぜひ一度お問い合わせください♪ A 

スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽