So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

鍵盤カバーという謎の存在。 [ピアノの管理]

「閲覧注意」

という程ではありませんが、鍵盤の下です。
弊社ブログ等でも時々取り上げます鍵盤下の様子。

14187903050571.jpg確かにすごいホコリとゴミで、見慣れてない人は 一瞬「うッ・・・」となります。

そんな時は弊社ブログのバックナンバーを適当に漁ってご覧下さい。
わりと馴れます。

ピアノ技術者という職業、わりと酷でして、ホコリゴミはもちろん、時々 ゴキブリ黒艶出しの虫や、ネズミげっ歯類の巣の駆除なんて事もします。
でも、わりと馴れます。 

でも、ちょっと待って。

先ほどの鍵盤下の ホコリの写真。 何か、おかしい。
・・・お分かりいただけただろうか。

赤い色のホコリなんて、空気中のどこに存在するのでしょう。
生活空間にある事が多いピアノ、これだけの赤い色のホコリ、一体どこから!!!???


14187903197923.jpg ←はい。

答えはここから。

赤いホコリは、この鍵盤カバーから落下しているのでしょう。

なんてこった。これじゃあピアノに良くないじゃあないか。 

そもそもこの鍵盤カバーとは一体なんぞや。

下記にまとめてみました。 

鍵盤のホコリよけ
・・・いやいや、そもそもピアノには鍵盤蓋があります。蓋をしていればホコリなんて そう入るものではありません。しかも先述のとおり鍵盤下に余分にホコリが。

鍵盤の傷防止
・・・これは一理ありまして、アップライトピアノなんかは鍵盤蓋の内側に「譜面台」が付いてますね。
蓋を閉める際に その譜面台がパタンと落下して黒鍵の上にバシャーン!!!
このように不意の譜面台落下によって黒鍵が傷つかないように存在するカバー。なるほど。

しかし、この鍵盤カバー、譜面台が蓋に付いてないグランドピアノにも ちゃっかり居座っているという有様。これいかに。

鍵盤の毛布
・・・あのね、ピアノを弾き終わったらピアノに毛布をかけとくの。じゃないと風邪をひいちゃうでしょ?
はい、これ実際にお客様のお子様がこのように言っておりました。
これを正解にしたいところですね。 

 

〜総評

黒鍵の傷防止が わりと有力な感じですが、昨今のピアノ、「蓋がゆっくり閉る機能」だったり、譜面台の蝶番に金色のダボ(突起)が付いてまして、あれで落下を防いでいたり〜 と、あまり譜面台落下に気を使わなくてもいい時代に。

ホコリに関しましては述べておりますとおり。

正直何の為にあるかは分かりません。

が、ピアノご納品の最には お客様皆様に差し上げておりますよ!鍵盤カバー!! (ドーーーン!)

 

まあ、ピアノに対してファッション感覚や お洒落グッズ的な何かその辺の要素でもいいのでは。

14187903150232.jpg そんな鍵盤カバーにも様々な お色を取り揃えてございマス。

スッキリとした印象のグレー
落ち着きと気品のあるブラック
もちろん従来からある伝統のお色、レッド

しかもこの鍵盤カバー、スタインウェイのロゴ入りでございます。

まぁ、でもお高いんでしょう?

いえいえ、各色864円でございます。 

まぁ何てお買い得!

さあどうぞ、ご注文お待ちしております。

 

文:桃太郎 

 

 

 

 

 

  

 


スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽