So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

ピアノを選ぶときに何を弾きましょう? [ピアノのこと]

DSC_0504.jpg

ずっと昔にレッスンで使っていたファイルから、スカルラッティのソナタの楽譜を見つけました。

その曲を十数年ぶりに弾いてみました。

お店のスタインウェイのフルコンサートピアノで。

弾き始めた途端に「すごい!」ただただ驚いてしまいました。

自分が弾いた指の感覚と紡ぎだされた音が、自分がイメージしていたものとぴったり合ったのでしょう。
普段調律や調整で何度も触っているピアノなのにもかかわらず改めてこんな感覚を与えてくれるスタインウェイはやっぱりすごいと思わせてくれると同時に、もし自分がピアノを買おうと思って選んでいる時だったら、こんな経験をしたら「これ買います!」と即答してしまうだろうなと思ってしまいました。

ピアノを弾かれる方、特に今お持ちのピアノに何かしらのご不満があって買い換えようと思っていらっしゃる方は、普段弾き慣れている曲を弾いていただければ十分違いを感じていただいてお選びいただけると思うのですが、そうではない方は、どんな曲を弾いたら違いが分かりやすいんだろう?と思われるかもしれないですね。

個人的な考えなので、いろいろご意見はあるかもしれませんが、経験上違いが分かりやすいポイントは3つあると思います。

・できるだけ広い音域を使う。
最低音から最高音まで、なだらかに音色は変化していきますので、そのバランスを感じ取ることができます。

・ダンパーペダル(右のペダル)を使う。
ペダルを使ったほうが全体的な響きの印象がつかみやすいです。

・音が多すぎずあまり大きい音ではないもの。
いろいろな音量で弾くのも必要だと思いますが、あまり元気の良い曲を弾くと違いが分かりにくいです。また、弾くのに一生懸命になってしまうと落ち着いて違いを感じ取りにくいですね。

こんな感じで割とシンプルな曲を弾いていただいたほうがそれぞれのピアノの違いは分かりやすいかと思います。

ちなみに、違いは違いであって、良し悪しではありません。悪いものは直してあります。あとは選ばれる方がより気に入ったものを選んでいただければ大丈夫です。

まったくピアノが弾けない親御様や、離れて聴いてみたいという方は、例えばピアノの先生とご一緒にご来店いただくのも良いかと思いますし、スタッフにお伝えいただければ何かしら弾きますのでご安心ください。

…といろいろ書きましたがご購入される方によって選び方は様々ですので、ご参考までにということで。スタッフにお気軽にご相談いただければ、いろいろとご提案させていただくこともできますので、ネットの情報だけにとらわれずに一度ふらっと、免許更新のついでにでもお気軽にお立ち寄りください。

お店、温度湿度ともに快適ですよ♪(ピアノのためにですが…)

-w-

スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽