So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

ボストンピアノにする3つのメリット [ボストンピアノ]

たくさんのピアノがあるなか、ボストンピアノにする3つのメリットを挙げていきましょう。


①スタインウェイブランドである

ご存知のとおり世界中のピアニストに支持され選ばれ続けているスタインウェイ。

ボストンもその最高峰にあるピアノブランドという事であらゆる分野において評価されています。

スタインウェイ独自の特許やノウハウが凝縮されています。

そして楽器としてはもちろん、所有するという意味でもステータスとして大変価値があります。


②スタインウェイ技術者がアフターケア

スタインウェイのDNAが組み込まれたボストン。

やはり調律・整調・整音、修理から日常の管理まで、スタインウェイ技術に基づく事でボストンの本当の価値が発揮されます。

もちろん弊社では、各スタインウェイ技術研修を経た熟練のスタッフが対応しておりますので、常にベストな状態でお使い頂けます。


③良い音である

これは最もシンプルな言葉であり、ピアノにとって一番大切な要素です。

楽器ですから、まず音が良い事に尽きます。どんなに素晴らしいブランドでも、どれだけ調整に力を注いでも、結果「音が良くなかったら」そこまでです。

やはり弾き手が常に魅了され惹きこまれていく様な音を持っていないといけません。

私もたくさんのボストンピアノを担当させてもらってますが、常にその音の良さに魅了されます。

ホントに「良い音」ですよ。


GP178PEⅡ (9).jpgさて、メリットを3つ挙げさせて頂きましたが、逆にデメリットをひとつ申し上げますと、管理や調整を怠ると途端に調子が悪く感じます

これはスタインウェイにも共通しますが、完全に調整された「良い音」の時と、そうで無い時の落差を大きく感じやすいからでしょう。


言い過ぎかもしれませんが、考え方によってはケアに手間がかかるかもしれません。

しかし、キチンと調整されていようがいまいが、あまり音や状態の変化を感じにくいピアノとは一線を画した違いがそこにはあります。




文章:桃太郎







スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽

白いピアノにリメイク その② [修理・調整]

先日白いピアノへのリメイクという記事をご紹介させていただきました。



多数のお問合せをいただきまして、白いピアノへの関心の高さを改めて感じさせていただきました


この度、名古屋ピアノ調律センターのショールームにも白いピアノの色見本を設置致しました。

IMG_6433.jpg

写真だと非常にわかりづらいですが

それぞれ【艶出し・艶消し】【白・アイボリー】を選択していただくことが可能です。













今まで大切にお使いになられていたピアノ。

『子どもがピアノを始めたので。長い間使ってなかったピアノをまた使える様にして欲しい』

といったお問合せは非常に多くいただきます。修理内容は様々ですが、『白いピアノ』に強い憧れをお持ちの方は一度『白いピアノにリメイク』も検討していただくと良いかもしれませんね!

スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽

スタインウェイ・コンクール締切間近! [スタインウェイ・コンクール]

7月27日.jpg6月19日より応募受付が始まった第4回スタインウェイ・コンクール in Japan 、応募期間は7月31日(月)までということで、締切間近になってきました。

コンクールの要項は5月頃に発表・ご案内しておりますので、要項をご覧になった時には、夏休みに入ってからか、まだ先だな〜と思っていた方もいらっしゃるかもしれません。夏休みといっても、7月31日までですので、参加を考えていらっしゃる方はお間違えないよう、お忘れないようにご注意ください!

スタインウェイ・コンクールは、演奏する「楽しさ」を経験する機会になればというのがコンセプトの一つです。さすがヨーロッパ生まれのコンクールといいますか、ピリピリした雰囲気ではなく、のびのびした感じの空気が地区審査会、本選とも感じられます。

特に、一番小さい年齢の年中〜小1が対象のカテゴリーAは、ほほえましいという言葉がぴったりな雰囲気で例年行われます。客席との距離も近いので、お母さん・お父さんの見守るそばで弾くことができ、緊張せず弾きやすいのもいいみたいです。

曲目は自由、同時期に受けるコンクールと同じ曲目や試験の曲目で参加されてもいいですし、自由に選べるので、せっかくなら自分の魅力が一番引き出せる曲目を選ばれるのがいいのかなとも思います。

地区審査会の参加費は8,000円、申込受付終了後の8月以降に、お支払い方法についてはご案内いたします。地区審査会では、審査員の先生方からのコメントもお渡しできる予定です。

申込書は、参加登録後にダウンロードが可能となります。スタインウェイ・ジャパンのこちらのページより参加登録をしていただき、その後表示される画面から申込書をダウンロード、印刷をしてください。うまくいかない場合は、当社(052-802-1155)までご連絡いただければ、お手伝いいたします。

※なお、申し込みは申込書の到着をもって完了となります。参加登録・申込書のダウンロードの段階では、申し込みは完了しておりませんのでご注意ください。

まだ間に合います!ぜひお気軽にご参加ください♪h

スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽

【開催レポート】スタインウェイコンクール入賞者による真夏のコンサート [イベント]

IMG_3416.jpgスタインウェイコンクール入賞者による真夏のコンサート、無事開催いたしました。

~夏休みは音楽から始まる~と銘打って、夏休み初日のお昼に開催を決めましたが、本当にたくさんのお客様にご来場いただきまして、席は終始ほぼ満席状態!多くの方に3人の演奏を楽しんでいただきたいと思って準備をしてきましたが、たくさんの方へ楽しい時間をお届けすることができたのではないかと思います。

皆様、ありがとうございました!


プログラムは、次の通りです。

石川奈々歩さん
ラフマニノフ:前奏曲嬰ハ短調Op.3-2「鐘」
プロコフィエフ:ピアノソナタ第7番「戦争ソナタ」変ロ長調Op.83

波田紗也歌さん
ショパン:ワルツ第1番「華麗なる大円舞曲」変ホ長調Op.18
リスト:ピアノソナタ ロ短調S.178

〜休憩〜

石川奈々歩さん
ベートーヴェン:ピアノソナタ第26番「告別」変ホ長調Op.81a

鈴木杏奈さん
モーツァルト:ピアノソナタ第11番(トルコ行進曲付き)イ長調K.331
ラフマニノフ:ピアノソナタ第2番変ロ短調Op.36

曲の間では、演奏者それぞれからのトークも交じえ、アンコールには3人でビゼー作曲のカルメン序曲を演奏し大好評でした♪

IMG_3421.jpg今年、第4回目を迎えるスタインウェイ・コンクール in Japan。過去3回を振り返ってみると、今も頑張る入賞者たちが何名もいらっしゃいました。それなら、名古屋地区で最優秀賞を受賞された3名のジョイントコンサートができたら、きっと素敵なコンサートになる!と思い、今回のコンサート開催が決まりました。

スタインウェイ・コンクールの大事にしている点として、「人前で演奏する楽しさを実感してもらう」ことがあります。今回の真夏のコンサートも、「楽しさを実感してもらう」コンサートに、そして、ピアノを頑張っている子どもたちの目標になるような、私も頑張ろう!と刺激を受けるようなコンサートになったのではないかと思います。

ご来場のみなさま、ありがとうございました。今後も様々な角度から楽しさを発信していきますので、よろしくお願いします。h



IMG_3411.jpgスタインウェイらしく受付周りをディスプレイしてみました。








IMG_3427.jpg子どもからご年配の方まで、幅広い年齢層の方々にご来場いただきました!



アンコールで披露したビゼー作曲カルメン序曲のリハーサル動画です。舞台上でも楽しげに弾く3人6手での演奏は皆さんから大好評でした!

スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽

職業病ですね。 [ピアノのこと]

DSC_1027.jpg

世界に1台だけの記念モデルB型、展示中です。うつくしいです♪

さて、今日とある施設のコンサートの調律にお伺いした際に、その施設の方としばらくお話ししていました。

そこにあるのは黒いスタインウェイのB型、そのピアノを眺めながら「改めてやはりきれいなピアノですねえ」とおっしゃっていただけてとても嬉しく思いましたが、そこからテレビでスタインウェイを見かけた話へ。

偶然その方も私も見ていたとあるドラマに出てくるピアノが、すべてスタインウェイだったのです。

テレビなどでピアノを見かけると、つい一時停止してでもどこのメーカーか確認してしまう、そんな調律師あるあるなのでした。

ちなみにそのドラマはまだ始まったばかりなので、何のドラマか分かった方には記念モデルの試弾をプレゼント!

…わからなかった方もご試弾いただけますごめんなさい。
お気軽にお越しください♪

-w-

スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽