So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る
修理・調整 ブログトップ
前の5件 | -

ピアノ修理の予算にどれくらいかけるか? [修理・調整]

最近、修理のご相談をよくいただきますので、ブログでも簡単にご紹介しようかと思います。

・引越しにあわせて
・ピアノを習い始めたので
・子どもや孫に譲ろうかと思って
・結婚したので
・久しぶりにピアノを再開したので

等々、修理のご相談を頂くタイミングは様々です。よくあるアップライトピアノの修理について、実際どんな感じの修理になることが多いのか?ざっくり分けますと、この3つではないでしょうか。

(1)予算をおさえたい、できれば10万円以内で!
(2)外装は気にしないが、調整は良好な、いい状態のピアノを弾きたい。
(3)新居に入れるので、外装もピカピカにしたい!


では、それぞれどのくらいの予算を考えたらよいのでしょうか?




(1)予算をおさえたい、できれば10万円以内で!
修理を考えている方の場合、調律を長年されていないケースが、悲しいかな、結構あります。10万円以内で、となりますと、優先したいのは、調律と調整。またヤマハのピアノですと、フレンジコードと呼ばれる部品が劣化していることが多いので、そちらの交換をしたいところです。予算重視で、とりあえず調律と調整だけ、調律とコード交換だけとなれば、もう少し安く5~7万でおさえることも可能ですが、ゆくゆくはもう少し手をかけた方がよいかもしれません。一回の修理にかける予算をおさえ、何年かかけて少しずつ、ピアノを良くしていくことをおすすめします。

8月21日コード交換.jpg

(2)外装は気にしないが、調整は良好な、いい状態のピアノを弾きたい。
何回かに分けるよりは、この際、内部修理・調整にしっかり手をかけて直したい、良い状態で使い始めたいという方はこちらに当てはまるかと思います。状態にもよりますが、10万円~15万円前後の予算が一つの目安になるのではないでしょうか。湿気で重くなってしまったタッチや、虫食いによってガタついてしまう軽すぎるタッチも、センターピンや鍵盤のブッシングクロスを交換することで、本来の弾きやすいタッチが蘇ります。重いタッチのピアノは特に、修理後の弾きやすさに感動するお客様が多いです。

8月21日鍵盤ブッシング.jpg

(3)新居に入れるので、外装もピカピカにしたい!
新築の家に、レトロ感たっぷりのピアノというと聞こえはいいですが、せっかくなら見た目にもきれいなピアノを置きたいというのは、共感できる方も多いのではないでしょうか。艶のなくなってしまったピアノや、日焼けしてしまった木目のピアノもきれいに直せるのでご安心ください。ご要望があれば、白いピアノへの塗り替えも対応できます。
艶出しのピアノは、磨きをかけるだけでもきれいに見えるので、とりあえず磨きだけというのもおすすめです。艶消しのピアノは、部分補修ができないため、全塗装が必要になりますが、その分とてもきれいになります。外装修理をするとペダルや蝶番もピカピカになるので、印象がずいぶん違います。磨きだけの場合は5万円程度、傷の補修を希望されたり全塗装が必要な場合は、10万円~15万円前後の予算を、(1)、(2)の内部修理に上乗せすることになります。

8月21日ペダル磨き.jpg

(補足)鍵盤のここ、きれいになりませんか?
外装の修理をされると気になる方も多いのが、この部分。木口(こぐち)といいますが、ピアノによっては黄色~茶色に変色してしまっていたり、反ってきてしまっていることもあります。極端でなければ、よっぽど使用するのに支障はないのですが、見た目のいいものではありません。こちらの交換は、2万円~2.5万円程度で貼り替えが可能です。
8月21日木口.jpg



いかがでしょう、思ったよりも安かった、高かった、予想していたくらいだった、様々でしょうか。ざっと書いてみましたが、お部屋のリフォームと同じで、現状をどれほどよくしたいのか、ご予算はどれくらいか、実際に見て話して、お客様に一人一人への御見積もりがお出しできます。あくまで、当社で修理した場合のよくある価格として、参考になればと思います。

・オーバーホールが必要と言われた
・40~50万円の修理が必要と言われたが、高額な修理は考えていなかった

など、修理に不安を抱えている、迷っている方は、ぜひお気軽にご相談ください。ピアノの状態とお客様のご要望に応じて、修理をご提案させて頂きます。h

※価格は2017年8月時点のものです。価格の見直しをする場合もありますので、その都度お問い合わせください。
※ピアノの状態によって、作業内容や料金には幅があります。価格はあくまで参考価格とお考えください。

名古屋ピアノ調律センター
〒468-0011愛知県名古屋市天白区平針四丁目2109番地
TEL 052-802-1155
メール info@nagoyapiano.com
http://www.nagoyapiano.com

名古屋ピアノ調律センター日進工房webサイト
https://www.nagoyapianoworks.com

スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ

白いピアノにリメイク その② [修理・調整]

先日白いピアノへのリメイクという記事をご紹介させていただきました。



多数のお問合せをいただきまして、白いピアノへの関心の高さを改めて感じさせていただきました


この度、名古屋ピアノ調律センターのショールームにも白いピアノの色見本を設置致しました。

IMG_6433.jpg

写真だと非常にわかりづらいですが

それぞれ【艶出し・艶消し】【白・アイボリー】を選択していただくことが可能です。













今まで大切にお使いになられていたピアノ。

『子どもがピアノを始めたので。長い間使ってなかったピアノをまた使える様にして欲しい』

といったお問合せは非常に多くいただきます。修理内容は様々ですが、『白いピアノ』に強い憧れをお持ちの方は一度『白いピアノにリメイク』も検討していただくと良いかもしれませんね!

スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽

ヤマハアップライトピアノの内部アクション加工その2 [修理・調整]

時々、ご来店されたお客様から、このピアノはクイックリターンアクションですか?とご質問されることがあります。

当社では、下記のような修理を全てしております。過去のブログで、一通りの作業が説明できる記事がありましたので、まずはこちらをご覧ください↓



紐とスプリングを取り付ける前には、このような作業もしています。

image1.JPG 

黄色の矢印が指している部分は、既に穴を開ける作業をしました。




ピンク色の矢印は加工前ですので、下記写真のように溝掘りをします。

image1 (1).JPG   









このような作業をしてから、紐とスプリングを取り付けていますよ。
今回のピアノはヤマハW202という機種です。
image1 (3).JPG
こちらも大変おすすめのピアノです。是非ご試弾していただきたいです!おすすめする理由が分かると思います♪Y

スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽

白いピアノにリメイク [修理・調整]

古いものを大事に使うという事で「リメイク」という言葉があります。

もちろんピアノにも当てはめれる言葉ですし修理の延長でもあります。
それでは弊社工房での一例をご紹介しましょう。

14987250773010.jpg

写真左上は黒いピアノを解体しながら塗装下地を準備しているところです。



隣の写真。
早速「白」に塗っています。

なんだかワクワクしてきます。



左下は鍵盤蓋の内側。

YAMAHAの文字のところですね。



完成しますと隣の写真のように金文字がしっかり映えます。


image.jpg完成しました。


黒いピアノがアイボリーカラーにリメイクされ、とても綺麗に仕上がりました。


このように元々あった黒いピアノを白く塗り替え、リメイクする事であらたに思い出を継承していく事はとても素晴らしい事ですね。


こちらの作業に関しましては弊社工房HPに記載されています。





さて、リメイクつながりで以前弊社Twitterにも掲載したんですが、今年小学校を卒業した私の娘のランドセルがリメイクされ先日戻ってきました。


DBe8Z_aUQAAC50h.jpg

DBe8Y0nV0AECMl2.jpg

小さくかさばらないサイズになって飾っておけます。(隣のiPhoneは比較用)

もちろん職人さんによる丁寧な仕上げですのでとても気に入っております。

リメイクする事でまた新たな思い出や価値が生まれていくのです。素晴らしいです。



文章:桃太郎








 

スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽

ハンマーの向こう側に作業性を見出す [修理・調整]

14974328790562.jpg仕事をするうえで「作業性」という事は常に意識する必要があります。

効率・能率が上がりますし、結果もついてくれば更に良しと。


写真はグランドピアノの内部アクション。

今からハンマーの高さを揃えるところです。


で、アクションの向こう側にピアノの鍵盤蓋が置いてあります。
これも「作業性」を考えての事なんです。

 

14974328354041.jpg視点を変えて見てみましょう。

左右で見比べた時に、ハンマーの高さ(横一列の直線)の見やすさが違いますでしょ。

ハンマーは白い為、背景が白系の前で作業すると分かりにくくなります。つまり精度が欠けてしまう訳です。

そこで白いハンマーの向こう側に反対色の黒い物を置くと見えやすくなるわけです。




14974328216410.jpg正面から見て、更に定規を置いてみます。

白いハンマーの頭がちょこちょこと出てたり出てなかったり。

この様な不揃いは色々な事に影響してきますので綺麗に整えていきます。


さて、調律技術は多くの作業工程から成りますが、一つの作業をするにあたっても様々な方法やコツ等があります。

最終的に結果が上手く出せれば良いのかもしれません。
でもちょっとした事により「作業性」が上がれば、さらに良い内容と結果に繋がります。


文章:桃太郎 

スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽
前の5件 | - 修理・調整 ブログトップ