So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る
修理・調整 ブログトップ
前の5件 | -

グランドピアノのタッチが重くて… [修理・調整]

☆年末年始の営業時間のご案内☆
2016年の営業は、2016年12月30日(金)午後6時まで、2017年の営業開始は2017年1月2日(月祝)午前9時からとなります。

 

今年何件かお受けしたご相談。
「グランドピアノのタッチが重くて、手が痛くなってしまいます。」

一番の原因は中のアクションの関節部分の動きが悪くなってしまっているためなのですが、そうなってしまう理由も様々で、湿度の高い環境に置かれてしまったということもあれば、経年劣化的に考えられる場合もあります。そのため、新しいピアノでも、古いピアノでも、年式関係なく起こり得ます。

修理は、鍵盤を含め中のアクション一式をお預かりして行います。

DSC_0605.jpg

この写真は外した部品がなるべく元の位置に戻せるようにひとつおきに外してあります。
真ん中に載せてある部品の関節部分から突き出ているシルバーのピンがありますが、センターピンというこのピンを交換します。

関節はかたすぎてもゆるすぎても良くないので、ちょうど良いかたさになるようにします。
外した部品はびっくりするほど動きが悪いことも多いです。

すべての関節の動きをチェックして交換して、その他の修理や調整(とさらっと言ってしまうと簡単そうですが、こまごまといろいろな修理調整が入ります)もしてから、鍵盤に入っている鉛の調整もします。

DSC_0400.jpg

鍵盤に(これは白鍵なのです)3つ〇がありますが、一番左はもともと入っていた鉛、真ん中はもともと入っていた鉛を外して鍵盤と同じ材質の木で埋めたところ、そして右端は新しい鉛を取り付けているところです。

簡単にいってしまえば、ピアノの鍵盤の重さ(タッチ)は、弦を叩くハンマーと天秤になっているので、鍵盤に入っている鉛を調整することでタッチを変化させることができます。

ここまで修理すると、弾きにくかったピアノもとても弾きやすく反応も良くなります。 

これは修理の一例ではありますので、ピアノの状態やご予算に応じていろいろなご提案をさせていただくことができます。例えばかなり古いピアノでハンマーも減って、弦も錆だらけ、それでも思い入れもあるピアノなので買い替えはしたくない、という場合でも、弦交換やハンマー交換等も併せて行うことで買い替えよりもリーズナブルに、新品以上といえるくらいのピアノに生まれ変わることもできます。

当時販売されていたピアノを現在新品で手に入れることは到底不可能ですから、こういった修理もまたひとつ音楽の楽しみを広げてくれるのではないかと思います♪

-w- 

 

 

 


スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽

CBCテレビで紹介されました! [修理・調整]

11.18 CBCイッポウ.jpg

11月16日(水)放送のCBCテレビのニュース番組「イッポウ」の中で、弊社のことが取り上げられました♪

お孫さんのために修理したいと相談されたお客様のピアノを、修理・調整・調律をしてご納品するまでの様子が紹介されました。

帰宅が間に合わないだろうと思い録画しておいたのですが、とても丁寧に紹介されていて、おぉ~!と声を出しながら見てしまいました。 

放送を見た方から、「同じような修理をしたいのですが… 」「私も孫がピアノをやっているので、修理してあげたいと思って…」とお話をいただいており、月並みな感想ですがテレビってすごいなぁとひしひしと感じています。

テレビで紹介された修理、調整、調律のほかにも、新品中古ピアノの販売、消音ユニットの取り付け、ピアノの移動、使わないピアノの買取など、ピアノに関することは何でも対応しております。

電話の方は052-802-1155まで、メールフォームはこちらから、お気軽にお問合せ下さい。

定休日なし、毎日9時~18時まで営業しています。h

 


スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽

さらに磨きます。 [修理・調整]

before
DSC_0500.jpg

 

after
DSC_0501.jpg

譜面台。

傷もピアニストさんと一緒に歩んだ証。

きれいに磨いて
新たな気持ちで新たなピアニストさんと
歩んでいってもらえれば。

在庫随時更新中です!

-w- 


スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽

スタインウェイとレンナーの講習へ行ってきました [修理・調整]

先日、東京・埼玉へと研修の旅へ行って参りました。

まずはスタインウェイ会の講習の為、東京スタインウェイ・ジャパンへ。

内容はドイツからのコンサート技術者をお招きしての講習という内容。

講師の方は私も5年前にスタインウェイアカデミーでお世話になった方でもあります。

写真撮影はあまりよろしくない感じでしたので講習風景の写真はご勘弁を。

14760741052881.jpg 研修前にショールームへお邪魔しましたので綺麗なクラウンジュエルモデルを撮ってきました。

 アップライトのスタインウェイです。

綺麗ですね。beautiful♪

 

 

14760741053293.jpg こちらの白いグランドピアノはまた素敵な装飾・デザインでございます。

 

 

 

 

14760741052962.jpg D274 フルコンサート。

さてこのフルコン、分かりますか?

ロゴです。ロゴの位置が低音側リム(側面)にも入ってます。

通常は高音側だけですが、低音側にも入ってます。

 

 
しかしどれも美しいピアノ揃いで写真もそれなりに綺麗に撮りたいものですが、ダメですね、私の時代遅れの旧型スマフォではもう限界です。ご勘弁を。

さて、スタインウェイ会の講習の翌日は埼玉のレンナージャパンへ講習に伺ってきました。
こちらも写真はあまり公に載せない方がと思い割愛させて頂きますが、ピアノパーツの情報や知識について大変勉強になり、あっという間の時間でありました。

このような研修会は技術の向上はもちろんの事ですが、あらためて自分自身の技術や考え方、取り組む姿勢を考え見つめ直す機会でもあると思います。

桃太郎 

 

 

 

 

 

 


スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽

ピアノ巻線も作ってます [修理・調整]

14695103565390.jpg

 店内に、おもむろに置いてあったものですからつい写真を撮りましたが、これ何だかご存知でしょうか?

これはピアノの弦でして、主に「巻線」と呼ばれる弦が束になったものです。

巻線はピアノの低音域で使われております。

写真のように長さは1メートルを軽く超えます。

弦の長さはピアノの機種によって変わり、大きなピアノ(奥行の長い)程、長くなるのは言うまでもありません。
もちろん巻線ですので、巻いてあります銅線の太さも音域によって変わります。

さてさて、この巻線ですが、この弦が切れるとなかなか厄介なのです。

やはり機種によって巻線の長さや太さが細かく異なりますので、一本一本作製する必要があります。

この巻線作製は高度な技術を要しますので大変でもあります。

ここで弊社の自慢なところは、この巻線を自社で作製する事ができるというところなのです!
調律業者さんの多くはオーダー品である巻線は郵送等の時間も含めて厄介なところなのですが、弊社は巻線断線や交換においても、即対応出来ます!

文章:桃太郎 


スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽
前の5件 | - 修理・調整 ブログトップ