So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る
ボストンピアノ ブログトップ
前の5件 | -

ボストンピアノにする3つのメリット [ボストンピアノ]

たくさんのピアノがあるなか、ボストンピアノにする3つのメリットを挙げていきましょう。


①スタインウェイブランドである

ご存知のとおり世界中のピアニストに支持され選ばれ続けているスタインウェイ。

ボストンもその最高峰にあるピアノブランドという事であらゆる分野において評価されています。

スタインウェイ独自の特許やノウハウが凝縮されています。

そして楽器としてはもちろん、所有するという意味でもステータスとして大変価値があります。


②スタインウェイ技術者がアフターケア

スタインウェイのDNAが組み込まれたボストン。

やはり調律・整調・整音、修理から日常の管理まで、スタインウェイ技術に基づく事でボストンの本当の価値が発揮されます。

もちろん弊社では、各スタインウェイ技術研修を経た熟練のスタッフが対応しておりますので、常にベストな状態でお使い頂けます。


③良い音である

これは最もシンプルな言葉であり、ピアノにとって一番大切な要素です。

楽器ですから、まず音が良い事に尽きます。どんなに素晴らしいブランドでも、どれだけ調整に力を注いでも、結果「音が良くなかったら」そこまでです。

やはり弾き手が常に魅了され惹きこまれていく様な音を持っていないといけません。

私もたくさんのボストンピアノを担当させてもらってますが、常にその音の良さに魅了されます。

ホントに「良い音」ですよ。


GP178PEⅡ (9).jpgさて、メリットを3つ挙げさせて頂きましたが、逆にデメリットをひとつ申し上げますと、管理や調整を怠ると途端に調子が悪く感じます

これはスタインウェイにも共通しますが、完全に調整された「良い音」の時と、そうで無い時の落差を大きく感じやすいからでしょう。


言い過ぎかもしれませんが、考え方によってはケアに手間がかかるかもしれません。

しかし、キチンと調整されていようがいまいが、あまり音や状態の変化を感じにくいピアノとは一線を画した違いがそこにはあります。




文章:桃太郎







スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽

ボストンピアノ中古~新品各サイズ展示中です [ボストンピアノ]

ゴールデンウィークも中盤になりそろそろ一息入れたくなる頃でしょうか。

そんな中、GW中も通常営業しております弊社。


現在スタインウェイブランドでありますボストンピアノの展示が充実しております。

14938573625630.jpg

グランドピアノでは、サイズ156㎝、163㎝、178㎝と、サイズ感としてはリビングはもちろんお子様のお部屋からレッスン室・防音室まで収まりやすいサイズが展示してあります。

しかし何と言いましてもボストンの魅力はその音色にあります。中低音に感じられる厚みのある質感、これは例えば156㎝の小型グランドでもさらにワンサイズ上の質感を感じる事が出来ます。ボストンの特徴的な設計である響板面積を大きくとる「ワイドテイル設計」による音質で、これはかなりの弾きごたえがあります。

他にもボストンには様々なこだわりがありますので、ぜひご試弾頂き実感して頂ければと思います。


写真のように弊社では各サイズを並列でご試弾できますので、ご納得いくまでお弾き比べ下さい。

 

14938573785391.jpgそして今回はあらたに「中古のボストングランドピアノ」も入荷しております。

ボストンは中古でもなかなか少ない機種になりますので、こちらもまたご興味があればお早めに。


さて、この中古のボストンはもちろん、新品のボストンにも言える事ですが、ボストンは「スタインウェイブランド」のピアノであるという事。
それはつまり、内部の整調や整音、そして調律まで、スタインウェイに精通した技術者がメンテナンスをかける事が重要です。
もちろん弊社では専門の技術者が丁寧に仕上げております。
ご購入のアドヴァイスから、ご購入後のメンテナンス、管理の方法まで幅広くお応え可能です。


このゴールデンウィーク中にぜひ足をお運び下さい。


文章:桃太郎




スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽

25周年! [ボストンピアノ]

今年2017年、ボストンピアノは製造開始25周年を迎えました。

4月10日.jpg

20周年を記念して台数限定で製造されたボストンブルーからもう5年と思うと早いような長いような。

青いピアノ、なかなかのインパクトがありましたよね。  

スタインウェイが来年165周年ですので、それに比べるとまだまだ歴史が若いボストンピアノ。私たちもブログ等で「いいピアノなんです!」と、ご紹介させて頂いておりますが、百聞は一見に如かず。やはり実際のピアノを弾いていただくことが一番わかりやすいと思います。

そうなると、ピアノも万全のコンディションでご用意していなくてはいけません。

4月10日 (2).jpg

普段から合間を見ては作業していたのですが、先日から、お店で展示している全てのボストンピアノ、整調・調律の見直し作業を開始しました。

その作業が今日で、アップライトピアノもグランドピアノも全て完了!

4月10日 (5).jpg

どのボストンピアノもベストな状態に仕上がっています。あぁ、早くお客様に弾ていただきたい!

4/16(日)11時からは、ミニコンサートもございます。

ご来店の際は、ぜひぜひボストンピアノを弾いてみてください♪h 

 


スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽

木目のボストンピアノ見れます! [ボストンピアノ]

スタインウェイ”デザイン”のボストンピアノ。アップライトピアノのUP-118PEには外装の仕上げが4種類あります。

10.12 1.jpg

まずベーシックな黒艶出し塗装仕上げ

黒い外装に金色のボストンロゴマークが映えますね。

やっぱりピアノは黒でしょう!という意見もあります。

こちらは現在お店にて展示中です。

 

10.12 2.jpg

つぎはウォルナット艶出し塗装仕上げ

ミルクティーみたいな色でカワイイですね!と表現したお客様もいらっしゃいました。

ウォルナットの中でも、こういう明るい色で仕上げているメーカー・ブランドは珍しいように思います。

このモデルも現在お店にて展示してあります。



10.12 3.jpg

化粧板は同じウォルナットですが、こちらはウォルナット半艶塗装仕上げ

艶出しに比べるとシックな雰囲気になります。

お部屋に入れた時、まわりにとけこみやすいとういうのはありますね。お母様方からの意見でよくあるのは、ベタベタと指紋が目立ちにくいから!でしょうか。

こちらのピアノは、ご成約済みとなっておりまして、ご試弾はできないのですが、どのような感じか見ていただくことは可能です。

色見本だとなかなか全体のイメージがつきにくかったり、写真では微妙に色の出方が変わっていたり…とありますので、ちょっと気になるなって方は、ぜひご来店ください。

 

10.12 4.jpg

 最後はマホガニー艶出し塗装仕上げ

深みのあるワインレッドの色合いは高級感が漂います。

ちなみに、ワンサイズ上アップライトピアノのUP-126PEからは、外装仕上げは黒艶出し又はこのマホガニー艶出しの2種類となります。 

あいにくこのピアノは現在お店にはないのですが、取り寄せもできますので、ご購入検討中の方はお気軽にお問い合わせください。

 

ピアノって一度場所を決めて置いてしまうと、めったに動かすことがないものですよね。だからこそ、「見た目にもこだわってみる」というのもいいんじゃないかな~と思います。h 


スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽

ボストンピアノの大きさの秘密 [ボストンピアノ]

ピアノの音を決めますのに必要な要素は様々あります。

弦やハンマーの質はもちろん、各パーツの材料から細部にわたる設計まであげ出したらキリが無いです。

とりあえずパッと見の印象「大きさ」でお話をしますと、アップライトピアノは背の高さグランドピアノは奥行き、というところに音を決定する要素があります。
アップライトの背の高さはだいたい120cmから130cmくらいです。小さい方は120よりまだ10cm程低いタイプもありますが、大きい方は130cmより+1〜2cmといった具合。これ以上大きくなりますと圧迫感もすごいですね。高さ200cmのピアノとか想像してみると もう石碑の様でしょう。
そんなに背が高いと調律も大変です。足が長いで有名な私も流石に大変ですよ。ハハハッ、ぁ〜ぁ、・・・

14322729869840.jpg

 

 さて、グランドピアノは奥行きが長くなります

小型ですと155cmくらいから、フルコンサートグランドになりますとスタインウェイDモデルで274cmです。

奥行きが大きくなればそれだけ理想的な音やタッチも得られますが、設置場所が限られてきますと現実的ではありません。

設置するお部屋に合わせての選択になっていきます

ところで。写真のピアノ、スタインウェイブランドであります「ボストン」ですが、こちらのピアノは大きさに特徴があります。

実は ボストンのグランドピアノの響板は、奥行きが幅広にとってあります。ご存知でしたか?
これは「ワイドテイル設計」と呼ばれ、例えば178cmのボストンの響板面積は 他社ピアノの190cmクラスの響板面積に相当します。実際に弾いてみますとこの違いはよく実感出来ます。

14322729908401.jpg 特徴的なところでアップライトからも1つ。

アップライトピアノの背中、裏側は普段 壁に面しており、月面ほどではありませんが その姿はなかなか見られません。(月面は地球に対し常に同じ面しか見せず、それは実は月の裏側に秘密基地があって・・・)

もしピアノの背中を見る事があれば、そこにあります柱の状態をご覧になるとなかなか面白いですよ。

写真はボストンのアップライト。柱(支柱)が見えますが、コレ、不均等に配してあるんですね。
ピアノにかかる弦張力、特に高音域により応えるためにこの様になっております。もちろん響板をしっかり保ち耐久性・安定性も抜群です。縁の下の力持ち的な存在でっせ。

14322784417403.jpg

最後の写真の2台はヤマハのアップライトピアノです。

通常のタイプとXタイプの支柱ですね。 

各社、各機種、比べてみますと色々違いますねコレ。 

他にも響棒(写真で言いますところ、響板へ斜めに取付けてある棒)の様子も違います。

この写真の向かって左端から2番目の響棒なんかは良く見ますと角度が違うの分かりますか?

こういう所も観察してじっくり見ますと、ピアノへの関心も高まり色々と楽しくなります。
それが各社・各機種、更には製造年によっても様々違ってきますから、もうピアノを謎の生き物のようにも感じます。月の裏側にもあると良いですね。

 

写真と文章:桃太郎 

 

 

 


スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽
前の5件 | - ボストンピアノ ブログトップ