So-net無料ブログ作成
メッセージを送る
ピアノのこと ブログトップ
前の5件 | -

幻の名器・オオハシピアノ展示中です [ピアノのこと]

現在店頭に「幻の名器・オオハシ」が展示してあります。

知る人ぞ知るといった所もありますが、ピアノお好きな方なら結構ご存知の方も多いはず。

s-15290462441980.jpgそんなオオハシピアノ、大橋ピアノ研究所の書籍が弊社にありました。


日本のピアノの歴史を語る上でも重要な書籍でしょうね。


しかしながらこの本は現在出版されていないようで、現在すでに製造されていないオオハシピアノと共に貴重な一冊かもしれません。





s-IMG_8261.jpg

さて、現在展示中でありますオオハシピアノ。

なかなかお目にかかれません一台ですからご興味がありましたらお早めに。



文章:桃太郎

スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽

インテリアピアノ・ヤマハYF101C展示中です [ピアノのこと]

6月になりまして暑い日も増えそろそろ本格的に梅雨をむかえなければならない時期です。

さて、現在店内ショールームになんとも新しめの可愛い木目ピアノが展示してありますのでご紹介。


こちらは現行の器種になりまして大変新しいので本当に綺麗ですね。


大きさもご覧の通りコンパクトで外観はチェリー半艶仕上げの為、インテリア性抜群でお部屋にもバッチリ合いそう。


先述のとおり現行器種になりますが、弊社の展示では中古でございますので現在お値打ちにご提供出来ます。


まだまだあまり見かけない器種ですのでご興味のある方はお早めに。



文書:桃太郎

スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽

音を楽しむ、と書いて“音楽” [ピアノのこと]

s-image1 (13).jpg昨日弊社からスタインウェイを納入したジャズバーでピアニストをお招きしての演奏があるとの事だったので、
社長と演奏を聴きに行ってきました!

納品した後どのように使われていくかを見届けるのは私たちにとって責任もあり、楽しみでもあります♪

ピアニストはサイラス・チェスナットさん。
そしてジャズベーシストの中村健吾さん。
デュオもあり、ソロもあり、です。

s-image1 (12).jpgお店に入ると…、ありました!スタインウェイ。
サイズ感もぴったりです。

私はずっとクラシックをメインにやってきたので正直ジャズってどんな感じなんだろうと新鮮な気持ちで聴いていましたが、いい意味で形式ばらずに心の底から音楽を楽しんでいるように感じました。
奏者さんの楽しい感じがこちらも伝わってきて、演奏中もニコニコしていて、クラシックとはまた違う世界観ですね。
ゆるく演奏していたかと思いきやいきなりぴったりとカッコよく音が重なったり、会場全体の空気を操られているかのようでした。
s-image2.jpg今回の演奏でジャズの魅力に目覚めた感覚です。…というより音楽っていろんな楽しみ方があるなと感じさせられました。
ピアノといえば「クラシック」と思いがちですが、ジャズやポップスや映画音楽や本当に色々なジャンルがありますよね。
そのジャンルの特性をピアノでどう表現するか(したいか)を追求することに音楽の楽しみってあるのではないでしょうか。

最後にサイラス・チェスナットさんに言われたのは
「自分が楽しい演奏をすれば、聴いてる人も楽しくなる、更に自分も幸せになれる。」
この言葉に心打たれました。

私は演奏家ではないですが…調律師として多くの人に音楽の楽しさを伝えていけたら、と思います。
ひっそりとレッスンも頑張ります。

谷口

スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽

宙に浮くピアノ [ピアノのこと]

ピアノを設置後、何年かしたらそのピアノを動かしたくなる事があるかと思います。

実は先日わたくし個人のピアノもそんな感じで動かすに至りまして、と言いましても自宅敷地内の1階から2階上げという感じです。
s-15261881455490.jpg作業はクレーンを使っての2階上げ。
もちろんピアノ移動は専門の方、いつも弊社でお世話になっております所へ依頼。


普段ピアノ移動に立ち会う事は多々あるのですが、今回はお客さん目線という事でなぜか緊張しました。


作業はさすがの手際の良さでスムーズに完了。自宅の庭から見上げる宙に浮く自分のピアノはなかなか圧巻。本当にありがとうございました。



さて、時々お客様からピアノ移動、特に室内移動のご相談を受ける事があります。
なかでも「自分自身で動かせるか」といった内容も頂きますが、やはりピアノは普通の家具等と違い、その重さや独特な重心そして持ちにくさ等、やはりプロにお願いした方が安全かつ確実です。

ピアノは脚にキャスターがついておりますが、あのキャスターでお部屋の床を転がした場合床にすごい傷が付きます。畳などはめり込んでしまいますので面倒くさがらずご依頼しましょう。



文章:桃太郎

スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽

乾燥注意報! [ピアノのこと]

クリスマスも終わりお店のクリスマスツリーを片付けてしまいました。なんとなく寂しい気持ちです。
もう今年も残りわずかですね。

さて今日は「湿度管理」のお話。
夏には口を酸っぱくして言っていましたが冬は除湿しなくてもいいから湿度管理しなくても大丈夫だなんて思っていませんか?


image2.jpg湿度計を見てみてください。

勿論、ピアノは乾燥にも弱いです。エアコンで部屋を温めている方、特に注意して下さい。

ピアノにとってベストな環境は、人間が心地が良いと思う湿度・温度だと思ってください。
すなわち自分自身が乾燥が気になってしまって喉がカラカラ、肌がガサガサするようなら同じようにピアノも乾燥で悲鳴を上げているという事です。



対処法も人間と同じ…「加湿器」です!!
湿度が20%、30%になっていたら乾燥しすぎなので、加湿をしましょう。


image1.jpg


湿度管理をきちんとして、良い状態を保っていきましょうね。



【年末年始に伴うお休みについて】
12/31(日)~1/3(水)までお休みとさせて頂きます。
年始の通常営業は1/4(木)~ですので宜しくお願い致します。

谷口




スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽
前の5件 | - ピアノのこと ブログトップ