So-net無料ブログ作成
メッセージを送る
ピアノのこと ブログトップ
前の5件 | 次の5件

職業病ですね。 [ピアノのこと]

DSC_1027.jpg

世界に1台だけの記念モデルB型、展示中です。うつくしいです♪

さて、今日とある施設のコンサートの調律にお伺いした際に、その施設の方としばらくお話ししていました。

そこにあるのは黒いスタインウェイのB型、そのピアノを眺めながら「改めてやはりきれいなピアノですねえ」とおっしゃっていただけてとても嬉しく思いましたが、そこからテレビでスタインウェイを見かけた話へ。

偶然その方も私も見ていたとあるドラマに出てくるピアノが、すべてスタインウェイだったのです。

テレビなどでピアノを見かけると、つい一時停止してでもどこのメーカーか確認してしまう、そんな調律師あるあるなのでした。

ちなみにそのドラマはまだ始まったばかりなので、何のドラマか分かった方には記念モデルの試弾をプレゼント!

…わからなかった方もご試弾いただけますごめんなさい。
お気軽にお越しください♪

-w-

スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽

ピアノを選ぶときに何を弾きましょう? [ピアノのこと]

DSC_0504.jpg

ずっと昔にレッスンで使っていたファイルから、スカルラッティのソナタの楽譜を見つけました。

その曲を十数年ぶりに弾いてみました。

お店のスタインウェイのフルコンサートピアノで。

弾き始めた途端に「すごい!」ただただ驚いてしまいました。

自分が弾いた指の感覚と紡ぎだされた音が、自分がイメージしていたものとぴったり合ったのでしょう。
普段調律や調整で何度も触っているピアノなのにもかかわらず改めてこんな感覚を与えてくれるスタインウェイはやっぱりすごいと思わせてくれると同時に、もし自分がピアノを買おうと思って選んでいる時だったら、こんな経験をしたら「これ買います!」と即答してしまうだろうなと思ってしまいました。

ピアノを弾かれる方、特に今お持ちのピアノに何かしらのご不満があって買い換えようと思っていらっしゃる方は、普段弾き慣れている曲を弾いていただければ十分違いを感じていただいてお選びいただけると思うのですが、そうではない方は、どんな曲を弾いたら違いが分かりやすいんだろう?と思われるかもしれないですね。

個人的な考えなので、いろいろご意見はあるかもしれませんが、経験上違いが分かりやすいポイントは3つあると思います。

・できるだけ広い音域を使う。
最低音から最高音まで、なだらかに音色は変化していきますので、そのバランスを感じ取ることができます。

・ダンパーペダル(右のペダル)を使う。
ペダルを使ったほうが全体的な響きの印象がつかみやすいです。

・音が多すぎずあまり大きい音ではないもの。
いろいろな音量で弾くのも必要だと思いますが、あまり元気の良い曲を弾くと違いが分かりにくいです。また、弾くのに一生懸命になってしまうと落ち着いて違いを感じ取りにくいですね。

こんな感じで割とシンプルな曲を弾いていただいたほうがそれぞれのピアノの違いは分かりやすいかと思います。

ちなみに、違いは違いであって、良し悪しではありません。悪いものは直してあります。あとは選ばれる方がより気に入ったものを選んでいただければ大丈夫です。

まったくピアノが弾けない親御様や、離れて聴いてみたいという方は、例えばピアノの先生とご一緒にご来店いただくのも良いかと思いますし、スタッフにお伝えいただければ何かしら弾きますのでご安心ください。

…といろいろ書きましたがご購入される方によって選び方は様々ですので、ご参考までにということで。スタッフにお気軽にご相談いただければ、いろいろとご提案させていただくこともできますので、ネットの情報だけにとらわれずに一度ふらっと、免許更新のついでにでもお気軽にお立ち寄りください。

お店、温度湿度ともに快適ですよ♪(ピアノのためにですが…)

-w-

スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽

様々な木目 [ピアノのこと]

『リビングに置きたいから』とご希望の多い木目ピアノ。
しかし一言に木目といっても実は多種多様な木目があります。
実際にご来店いただいて種類の多さに驚き戸惑ってしまう方も。
そんな事でピアノによく用いられる木材をご紹介します。

まず木目ピアノの代表的なものはこの二つ

【ウォルナット(くるみ)】

IMG_5643.jpgIMG_5654.jpg





落ち着いた濃褐色の木目を持つクルミの木。
銘木のひとつに数えられ、住宅の内装材をはじめ工芸品などに多く使われています。割合として艶消しのものが多く、優しく落ち着いた雰囲気を感じさせてくれます。

【マホガニー】

IMG_5642.jpgIMG_5665.jpg





立体的な見た目から、より高級感のがある木目です。
木材としては柔らかいため加工しやすく、ヨーロッパでは古くから家具などに用いられ、貴族的伝統を持つ銘木中の銘木です。近年、一部はワシントン条約に登録され、板材や原木を輸出入するには生産者の証明書類が必要とのこと。

その他にも多くの種類が展示中です。
IMG_5659.jpgIMG_5651.jpgIMG_5663.jpgIMG_5660.jpgIMG_5661.jpgIMG_5666.jpg












バーチ(上段左)、チェリー(上段中央)、チーク(上段右)
ミンディ(下段左)、サペリ(下段中央)、ローズウッド(下段右)
また人気の『白いピアノ』では
IMG_5657.jpg
ペトロフ
P118R1 ロココ調モデル
を展示中です!


是非、実際にご覧ください。
お気に入りのピアノに巡り合えますように。

スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽

“木目の小さいピアノが良いです” [ピアノのこと]

初めてピアノを見に来たお客様の声として最近多いなと感じるのが

“木目”かつ“小さい”ピアノ。

ピアノ=黒 という認識が段々薄れていっているのかなあと感じますが 
決して小さくないものが家具と同様にドカンと置かれる訳ですから、 
インテリアとしても少しは気になるところではありますね。

IMG_2018.jpgこちらは高さ121㎝のタイプで木目かつ艶消しです。 
パッと見た感じも可愛らしく、タンスなんかとも合いそうな色合いです。 
汚れも目立ちにくいのも良い点です。



IMG_2019.jpg同じ木目でもこちらは艶があるタイプです。 
艶があるとだいぶ印象が変わってきますね。 
高さは上のものと10㎝大きい131㎝。この10㎝の差は 
実際に家に置いてみると結構差を感じられると思います。

IMG_2022.jpgワインレッドのような色合いのものもあります。 
オシャレで落ち着いた印象です。 
こんなピアノが家に置いてあれば高級感が一気に増しますね。


さて、大きさの話ですが、構造的には大きい方が良いとされています。 

理由としてまず響板の大きさ。 
音を響かせる木材の面積が変わってくるので音の響きも変わってきます。 
そして弦の長さ。低音には長さが保てない代わりに胴が巻きつけてあり重くすることで音を作り上げています。 
大きいとその分長さを確保できるので低音も響きが良いのです。 

どのように違うのかは…来店して実際に試弾していただくのが一番わかるのではないでしょうか。

大きさ、色、そして音色が一番良い!と思えるようなピアノに巡り会えます様 
名古屋ピアノ調律センターのスタッフが精一杯お手伝いさせていだたきますので、 どうぞ気軽にご相談ください。 

谷口



スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽

弾く前に、椅子に挟まれ、指負傷 [ピアノのこと]

背付き椅子の高さについてですが、

14957644065550.jpg座面を一番下までいっぱいに下げた時、座面下部に隙間が出来るタイプと出来ないタイプがあります

写真では、実際にそれぞれ椅子座面の高さを下げてみました。

座る位置自体はほとんど大差無いですね。

しかし先述のとおり隙間にこれだけの差があります。


では、この「差」が一体何に影響するかを独自の判断と見解と体験談で勝手にご紹介。



14957644213881.jpg次の写真。

これは座面の高さを「一番下」まで下げた位置で演奏する時に重要な事を現した写真です。



ピアノを演奏する前に椅子の位置を合わせる為、椅子を写真の様に持って(軽く持ち上げつつ)自分の演奏しやすい位置まで動かす、という事を割と無意識に行っているかと思います。


さて、この写真の男性をご覧下さい。

椅子の「座面ふち」を持っています。
このまま腰を下ろして着席しますとどうなるかお分かりでしょうか。

そう、「指が挟まれます」(Oh,My finger!!)


指を挟まれた男性に話を聞いてみましょう。

「椅子を持った時は、指に椅子との隙間を感じたので特に気にせず持ったんですが、そのまま座ったら座面が体重で下がって指が思いっきり挟まれたんですよ!いやぁ、まさか弾く前にこんな事になるなんてビックリたまげた門左衛門ですよ(笑)」

参考画像

tom.jpg











という事で良くわからないキメ台詞も決まった(?)ところでまとめますと、

今回のケースは実際に私が体験した事なので良くわかるのですが、椅子の高さを一番下にされる時は座面の隙間が少ないタイプもありますので気を付けましょう、という事です。


文章:桃太郎

スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽
前の5件 | 次の5件 ピアノのこと ブログトップ