So-net無料ブログ作成
メッセージを送る
ピアノのこと ブログトップ
前の5件 | 次の5件

これからピアノを習いたい大人の方へ [ピアノのこと]

「名古屋市 大人のピアノ教室」と検索しますとそれは相当な数のお教室や先生方が検索されます。

ここ10年以上前から現在もなお需要の多くなってきております「大人の音楽教室」
特にピアノは「昔からのあこがれだった」という方が多く、大人の習い事の中で人気も上位なのは納得出来ます。


さて、そんな「大人から始めるピアノ」、今回はわたくし調律師でもありますが、今現在ピアノレッスンを受けている現役の「大人のピアノ練習生」でもありますので、いくつか「これからピアノを始める」上でのお話しが出来ればと思います。


まずは

【今さら指が動くかしら】

これはどんな楽器でもそうですが、いきなり目標を高く設定しすぎず毎日少しづつ、ゆっくりと進めていけば大丈夫です。初めから動かなくて当たり前です。ピアノの練習イコール指を動かす練習と考えコツコツ続けましょう。もちろんコツコツ積み重ねるコツもありますので最後の項目でご紹介します。


次に

【レッスンを受けた方がいいか】

器用な方はピアノ入門楽譜を買って始められる方もみえますが、やはりレッスンに行く事でモチベーションが上がりますね。目標・目安も立てやすいですしレッスンに向けてサボらず頑張らなきゃという気も起きますね。そんな気持ちもあって私もレッスンに行ってます。もちろんご指導を受ける事で迷いなく上達していく事でしょう。


【楽器】

これは様々な意見があるでしょうが、ちょっと極論を申し上げます。

まず「大人の方が始める・練習しやすい」という事を大前提に申し上げますと、まずはスタートは電子ピアノでも大丈夫ですから、「スペース的に置きやすい物」「趣味の範囲のご予算を超えない事」など考慮し、無理なく購入出来る範囲から選択しましょう。

場所を使い音が出るものですから、ご家族のご理解を得る事も続ける上で非常に重要ですよね。
もちろん理想はアコースティックピアノですが、予算オーバーであったり後で述べます音出しの面で二の足を踏んでは何も始まりません。


【練習時間】

これはかなり重要になります。何せ楽器ですから「音」が出ます。

やはりお仕事や家事など色々な事が終わってからとなると結構遅い時間になりがちです。ご近所迷惑やご家族からクレームが来そう・・・何て考えるとなかなか「音」が出せない。

しかも「練習してる時の音は聴かれたら恥ずかしいわ」という意見も多いです。

これですが、先に述べました電子ピアノや消音ピアノような音が消せる機能は上手く解決してくれます。

音も漏れませんし、お仕事が終わってからや家事の合間に「数分」でも練習出来ます。

ちなみに私の練習開始時間は夜9時以降からです。これも自宅のピアノは消音装置を付けてますので遅い時間でも練習可能な訳です。


★この「数分」の練習が出来るかが楽器の上達にとって本当に重要でして、初めに述べました「今さら指が動くかしら」というのも、毎日数分でも動かしていく事で必ず動くようになります。


さて、いろいろ述べましたがまずは「毎日コツコツ練習しやすい環境に、楽器も自分の気持ちも向けていきましょう」という感じですね。


最後に、消音ピアノに関してはお気軽にご相談下さい。

15047681524370.jpg

消音装置付きのピアノも随時販売しておりますし、もし眠っているピアノがあればそのピアノに消音装置を取り付ければまた使えます。

なお現在は電子ピアノの中古もいくつか展示してますのでお早めに。



昔から調律に伺っているお客様、誰も弾かなくなってしまったピアノを奥様が頑張って習い始めて数年、今やショパンの名曲を弾かれたり発表会にも出ていらっしゃって大変素敵な事と思います。

「弾きたいな、弾けたらいいな」と思っていらっしゃる方、思い切って始めてみてはいかがでしょうか。


文章:桃太郎












スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽

20万円内で買える中古ピアノ3選 [ピアノのこと]

ピアノをお値打ちな価格帯でご購入するにあたり、中古ピアノで探していらっしゃる方は多いかと思います。

今日は弊社に数多くあるピアノの中から「20万円以内」のご予算で買えるピアノを3台ご紹介します。(税別)

IMG_6059.jpgまずはカワイのピアノです。


KS-1Aという機種です。


タッチも調整済みですので軽快に動きます。


音色は全体的に柔らかさのある印象。

ですが、音の立ち上がりが良いですので澄んだ音色に感じます。





次にご紹介しますピアノ

IMG_4838.jpgクラウスというピアノです。


大きさもありますのでよく響きます。


昔ながらの作り方といった感じでしょうか、木をふんだんに使ってあったり、ハンマーはロイヤルジョージフェルトであったり、なかなかこだわって作ってあります。


音色もジャンジャン鳴らずに一音一音しっかりとしてますね。






IMG_5809.jpg最後にご紹介しますピアノ。

ヒュッツナーというピアノ。


外装がマホガニーとネコ足という家具調で素敵ですね。


小柄なピアノですが音色もボリュームもあり、タッチも弾きごたえがあります。



さて、様々なピアノがありますが、やはりご予算内でご満足いただけるピアノを多くご提供できればと思います。


ぜひお盆休み期間にご試弾にいらして下さい。


文章:桃太郎

スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽

職業病ですね。 [ピアノのこと]

DSC_1027.jpg

世界に1台だけの記念モデルB型、展示中です。うつくしいです♪

さて、今日とある施設のコンサートの調律にお伺いした際に、その施設の方としばらくお話ししていました。

そこにあるのは黒いスタインウェイのB型、そのピアノを眺めながら「改めてやはりきれいなピアノですねえ」とおっしゃっていただけてとても嬉しく思いましたが、そこからテレビでスタインウェイを見かけた話へ。

偶然その方も私も見ていたとあるドラマに出てくるピアノが、すべてスタインウェイだったのです。

テレビなどでピアノを見かけると、つい一時停止してでもどこのメーカーか確認してしまう、そんな調律師あるあるなのでした。

ちなみにそのドラマはまだ始まったばかりなので、何のドラマか分かった方には記念モデルの試弾をプレゼント!

…わからなかった方もご試弾いただけますごめんなさい。
お気軽にお越しください♪

-w-

スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽

ピアノを選ぶときに何を弾きましょう? [ピアノのこと]

DSC_0504.jpg

ずっと昔にレッスンで使っていたファイルから、スカルラッティのソナタの楽譜を見つけました。

その曲を十数年ぶりに弾いてみました。

お店のスタインウェイのフルコンサートピアノで。

弾き始めた途端に「すごい!」ただただ驚いてしまいました。

自分が弾いた指の感覚と紡ぎだされた音が、自分がイメージしていたものとぴったり合ったのでしょう。
普段調律や調整で何度も触っているピアノなのにもかかわらず改めてこんな感覚を与えてくれるスタインウェイはやっぱりすごいと思わせてくれると同時に、もし自分がピアノを買おうと思って選んでいる時だったら、こんな経験をしたら「これ買います!」と即答してしまうだろうなと思ってしまいました。

ピアノを弾かれる方、特に今お持ちのピアノに何かしらのご不満があって買い換えようと思っていらっしゃる方は、普段弾き慣れている曲を弾いていただければ十分違いを感じていただいてお選びいただけると思うのですが、そうではない方は、どんな曲を弾いたら違いが分かりやすいんだろう?と思われるかもしれないですね。

個人的な考えなので、いろいろご意見はあるかもしれませんが、経験上違いが分かりやすいポイントは3つあると思います。

・できるだけ広い音域を使う。
最低音から最高音まで、なだらかに音色は変化していきますので、そのバランスを感じ取ることができます。

・ダンパーペダル(右のペダル)を使う。
ペダルを使ったほうが全体的な響きの印象がつかみやすいです。

・音が多すぎずあまり大きい音ではないもの。
いろいろな音量で弾くのも必要だと思いますが、あまり元気の良い曲を弾くと違いが分かりにくいです。また、弾くのに一生懸命になってしまうと落ち着いて違いを感じ取りにくいですね。

こんな感じで割とシンプルな曲を弾いていただいたほうがそれぞれのピアノの違いは分かりやすいかと思います。

ちなみに、違いは違いであって、良し悪しではありません。悪いものは直してあります。あとは選ばれる方がより気に入ったものを選んでいただければ大丈夫です。

まったくピアノが弾けない親御様や、離れて聴いてみたいという方は、例えばピアノの先生とご一緒にご来店いただくのも良いかと思いますし、スタッフにお伝えいただければ何かしら弾きますのでご安心ください。

…といろいろ書きましたがご購入される方によって選び方は様々ですので、ご参考までにということで。スタッフにお気軽にご相談いただければ、いろいろとご提案させていただくこともできますので、ネットの情報だけにとらわれずに一度ふらっと、免許更新のついでにでもお気軽にお立ち寄りください。

お店、温度湿度ともに快適ですよ♪(ピアノのためにですが…)

-w-

スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽

様々な木目 [ピアノのこと]

『リビングに置きたいから』とご希望の多い木目ピアノ。
しかし一言に木目といっても実は多種多様な木目があります。
実際にご来店いただいて種類の多さに驚き戸惑ってしまう方も。
そんな事でピアノによく用いられる木材をご紹介します。

まず木目ピアノの代表的なものはこの二つ

【ウォルナット(くるみ)】

IMG_5643.jpgIMG_5654.jpg





落ち着いた濃褐色の木目を持つクルミの木。
銘木のひとつに数えられ、住宅の内装材をはじめ工芸品などに多く使われています。割合として艶消しのものが多く、優しく落ち着いた雰囲気を感じさせてくれます。

【マホガニー】

IMG_5642.jpgIMG_5665.jpg





立体的な見た目から、より高級感のがある木目です。
木材としては柔らかいため加工しやすく、ヨーロッパでは古くから家具などに用いられ、貴族的伝統を持つ銘木中の銘木です。近年、一部はワシントン条約に登録され、板材や原木を輸出入するには生産者の証明書類が必要とのこと。

その他にも多くの種類が展示中です。
IMG_5659.jpgIMG_5651.jpgIMG_5663.jpgIMG_5660.jpgIMG_5661.jpgIMG_5666.jpg












バーチ(上段左)、チェリー(上段中央)、チーク(上段右)
ミンディ(下段左)、サペリ(下段中央)、ローズウッド(下段右)
また人気の『白いピアノ』では
IMG_5657.jpg
ペトロフ
P118R1 ロココ調モデル
を展示中です!


是非、実際にご覧ください。
お気に入りのピアノに巡り合えますように。

スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽
前の5件 | 次の5件 ピアノのこと ブログトップ