So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

“木目の小さいピアノが良いです” [ピアノのこと]

初めてピアノを見に来たお客様の声として最近多いなと感じるのが

“木目”かつ“小さい”ピアノ。

ピアノ=黒 という認識が段々薄れていっているのかなあと感じますが 
決して小さくないものが家具と同様にドカンと置かれる訳ですから、 
インテリアとしても少しは気になるところではありますね。

IMG_2018.jpgこちらは高さ121㎝のタイプで木目かつ艶消しです。 
パッと見た感じも可愛らしく、タンスなんかとも合いそうな色合いです。 
汚れも目立ちにくいのも良い点です。



IMG_2019.jpg同じ木目でもこちらは艶があるタイプです。 
艶があるとだいぶ印象が変わってきますね。 
高さは上のものと10㎝大きい131㎝。この10㎝の差は 
実際に家に置いてみると結構差を感じられると思います。

IMG_2022.jpgワインレッドのような色合いのものもあります。 
オシャレで落ち着いた印象です。 
こんなピアノが家に置いてあれば高級感が一気に増しますね。


さて、大きさの話ですが、構造的には大きい方が良いとされています。 

理由としてまず響板の大きさ。 
音を響かせる木材の面積が変わってくるので音の響きも変わってきます。 
そして弦の長さ。低音には長さが保てない代わりに胴が巻きつけてあり重くすることで音を作り上げています。 
大きいとその分長さを確保できるので低音も響きが良いのです。 

どのように違うのかは…来店して実際に試弾していただくのが一番わかるのではないでしょうか。

大きさ、色、そして音色が一番良い!と思えるようなピアノに巡り会えます様 
名古屋ピアノ調律センターのスタッフが精一杯お手伝いさせていだたきますので、 どうぞ気軽にご相談ください。 

谷口



スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽

装飾にはラリックを [スタインウェイピアノ]

先日、久しぶりに長久手のトヨタ博物館へ行ってきました。車を見ながら、これも忘れちゃいけない!と、ちゃんと見て来ました。ルネ・ラリック・カーマスコット展示室!


6月10日 (1).jpgスタインウェイとラリックのコラボレーションによって生まれたピアノ「ヘリコニア」が発表されたときから、そういえば展示があったような…と気になっていたのですが、遅ればせながら、ようやくじっくり見に行くことができました。


フランスのクリスタルメーカー「ラリック」の創業者、ルネ・ラリックによるカー・マスコット全29種類が展示されています。世界的に見ても、全種類常設展示されているのは、ほかにはないとか。



車もそうですが、素敵なデザインのものばかりで、年代を感じさせない、時を超えた美しさとは言いえて妙だなぁと思います。


スタインウェイから特別モデルとして出ている、ラリックによるデザインの「ヘリコニア」も、世代を超えて愛されるピアノとして楽しんでもらえると嬉しいですね。

ちなみに、国内1台のみの入荷だった白艶出し塗装仕上げのヘリコニアはすでにご成約済みです。クリスタルとピアノの黒とのコントラストが美しい黒艶出し塗装仕上げは、まだ複数モデルございますので、気になる方はお問合せ下さい♪h


スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽

ピアノの除湿対策をして下さい [ピアノの管理]

14969152593870.jpg梅雨入りです。[雨]

季節にとってみればごく自然な梅雨入り。

でもピアノにとってはこれからが酷な時期です。


弊社では写真のような除湿機を常に置いて対策しております。

この除湿機の良いところは、まず「湿度が設定できる」という事でしょう。
「50%」に設定出来ますので、スイッチを入れておけば勝手に除湿してくれて、適湿になりましたら停止してくれます。

つまりほったらかしで大丈夫です。
(もちろんタンクに水が溜まりますので毎日捨てて下さいね)


センサーが過敏に反応してくれますので、常にピアノにとって良い環境へしてくれます。


除湿対策をするかしないかで、ピアノの状態は本当に大きく変わります。

ぜひ早めに対策しましょう。


※写真の除湿機はコチラ→三菱電機 除湿機 MJ-180MX


文章:桃太郎


スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽

♪ 7月のミニコンサート ~ピアノ調律師がスタインウェイを弾く~ [イベント]

チラシ 7.2.jpg

ピアノ調律師が スタインウェイを弾く♪
~7月のミニコンサート~

 

ピアノ調律師が、ピアノの演奏とお話をします。

すぐ近くで、最高級・スタインウェイ ピアノの音色を聴いてみませんか?

また、ピアノの部品に触っていただき、ピアノの調律についてもお話をしたいと思います。

小さいお子さんも、大歓迎です!

どなたでもお気軽に、いらして下さい♪ お待ちしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
2017年 7月2日(日) AM11時~ (40分程度)

場所・ 名古屋ピアノ調律センター ショールーム

☆無料(ご予約をお願い致します)
TEL 052-802-1155
メール info@nagoyapiano.com

 


 



スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽

調律師とコンサート椅子 [調律]

14963052660100.jpgコンサート椅子について。

特にコンサートの際に思う事がありまして今回はそれを少々。


写真のようなピアノ椅子、しっかりとした作りで主にご家庭にあるピアノ椅子とはまた違いますね。

コンサートの際に使う事が多いタイプの椅子ですが、高さ調整はご存知の通り円形のハンドルをクルクル回して上げ下げします。


実はこのハンドルがなかなか固いものがあります。つまり回すのに結構力がいるというものですね。

演奏をする前に演奏者ご自身が椅子の高さを調整する事がありますが、高めの座面位置がお好みの方や低めがお好みの方それぞれです。

で、時にこの固いハンドルを結構回さないといけない時があります。

そしてこのハンドルを回し続けてますと、結構手首(手)が疲れるんです

その後その手で演奏をすると思うと、なかなか負担なのではないかと。
やはり椅子のハンドル(座面高さ)を大きく動かす時は誰かにお願いした方が良いと思うのと、近くに私ども調律師がいますので是非お任せいただければと私は思います。

実際に、ほんの少しの高さ位置調整もお願いされる事があります。

これから繊細な表現をしなければならない時にすでに手に疲労感があるのはやはりマイナスでしょう。


コンサート椅子について他には、ハンドルをどちら側に回すと「高くなる」or「低くなる」も事前にお伝えするようにもします。案外とどちら側に動いているか分からなくなる事が多いです。基本的には「むこう側(鍵盤側)」に回すと低くなるようにします。

他にも、リハーサル後は「ピアノ椅子の位置を覚えておいて決して動かさない」等もコンサートの場面では重要です。

ピアノ・ピアニストの近くにいる調律師ですが、出来る事・しなければならない事は調律以外でも本当にたくさんあります。


文章:桃太郎



スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽