So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

スタインウェイ・ジョンレノンモデル [スタインウェイピアノ]

先日少しお伝えしたスタインウェイのジョンレノンモデル。
今回はこちらのピアノについて少しご説明させていただきます。

IMG_0321.jpgこちらのピアノの原型は、ジョンが1971年に夫人のオノ・ヨーコさんへ誕生日プレゼントとして贈った、スタインウェイの白いグラ ン ドピアノです。

2010年のジョンレノン生誕70周年を記念しています。

 

 

 

johnhumen.jpg

譜面台のデザインは4種類ありまして、すべてジョンレノン自作のイラストよりデザインされています。

左上より「カム・トゥギャザー」(アルバム、アビーロードの曲目ですね) 

右上「グランドピアノ」

左下「フレダピープル」

右下「セルフ・ポートレート」

IMG_0313.jpgこのピアノの譜面台には、かの有名なジョンレノンの自画像「セルフポートレート」が 描かれています。

実はこのピアノ、アメリカでは一足先に発売されていまして、この「セルフ・ポートレート」が描かれたピアノは既に「完売」だそうです。

 

 

 

IMG_0314.jpg 

鍵盤蓋の右端、高音部にはには、ジョンレノンサインのデザインがあります。

 

 

 

 

IMG_0317.jpg

フレームには、イマジン冒頭の4小節が描かれています。

 

 

 

 

 

IMG_0318.jpg

そして、リム内側には、

「you may say I'm a dreamer」

かの有名な一節です。

 

 

 

IMG_0316.jpg

響板にもジョンレノンが描いた、イラストがデザインされています。

 

 

 

 

 

IMG_0315.jpg

「雲の如く、透 き通るような音」を意味するレノン自作の落款「如雲玲音」を描いたメダリオンが取り付けられています。

 

 

 

 

 

熱狂的なジョンレノンファンには恐れ多い!?ピアノかもしれませんが、ビートルズファンならずとも日本に親交の深かったジョンレノン、音楽ファンならどなたも少しはご興味があるのではないかと思います。 

写真で少しご説明させていただきましたが如何でしたでしょう?
名古屋へは詳細はまだ未定ですが、初夏ごろには運び込まれる予定です。

 

まったくの余談ですが、以下の写真、ご存知です?


fhc56h.jpg

今回この限定ピアノのモデルとなった、オノ・ヨーコさんが現在も所有している白いスタインウェイのグランドピアノを、なんとあのレディガガが弾いています!

この写真、息子のショーンレノンさんがツイッター上で公開(現在は削除)したものだそうですが、この写真を見て、熱烈なジョンレノンファンが「炎上」したそうです。

そのコメントの中でショーンさんが発した言葉、非常に説得力がありました。

「ピアノは弾くべきものだ」

そのとおりだと思います。TM


スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽