So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
メッセージを送る

ねこさんとスタインウェイと調律の温度変化の実験。 [調律]

先日お会いしたねこさん♪

DSC_1298.jpg

ちょっとおっかなびっくりしつつも抱っこされてくれました♪
写真を何枚も撮っていたら嫌がられてしまったのですが…

ちなみにうしろに写っているのはスタインウェイのアップライトピアノ。
テンションの上がる組み合わせでしょう?


さてさて。
先日たまたま環境が整ったので、ちょっと実験してみました。
部屋の温度が11度から19度まで変化した時の音の高さの変化を調べてみました。
といっても簡易的です。使用したのはチューナーアプリ。そして2台のピアノのラの音。
ピアノの弦は低音以外はひとつの音に弦が3本張ってあるので、それぞれどれくらい変化するのかなと思いまして。

そして結果。
一番変化があった弦で1.4ヘルツ下がり、変化の少ない弦では0.5ヘルツ下がり、それぞれの弦の変化は同じではありませんでした。と言われても実感がわかないですね。

簡単に。温度が変わったら調律狂います♪

それでも、温度が戻れば調律も元通り♪
とはいえ湿度が変わったらそれはそれで調律は変化してしまいますし、調律に限らずいろいろと温度や湿度に影響される部分はあるのです。
そうすると、毎日弾いているピアノだったら特に、日によってピアノの変化を感じ取られる方もいらっしゃいます。そんな変化もアコースティックな楽器の魅力のひとつ。楽しんで弾いていただけると良いかと思いますが、ちょっとこれは…と思うようであれば、お気軽にご相談くださいね♪

-w-

スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ