So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

味のある2台の木目グランドピアノ [ピアノのこと]

様々なピアノが展示している中、今日はなかなか「味のある」ピアノをご紹介。

s-yamaha-no-25-中古ピアノ.jpg

こちらは「ヤマハ No.35」というグランドピアノ。

木目艶消しですが、譜面台を見て頂いてお分かりのとおり、グラデーション調と言いますかサンバースト風な仕上がりにヴィンテージ感を感じます。

年式は約60年程前の器種ですので、当時のピアノ独特の音色や雰囲気があります。

弦、ピンは一度交換してありますので扱いやすい一台ですね。サイズは197㎝ですのでG5位です。


yamaha-c3-中古ピアノ.jpg次にご紹介しますのは同じく木目ですが、明るい艶出しのグランドピアノです。

「No.20」という器種になります。

ちょっと写真では分かりにくいかもですが、このピアノの木目の出かたがホント綺麗。

「木目」は外観が木それぞれで違いますので、一言にくくれない程に表情が多いです。

NO.20 48039 (5).jpg


そしてこのですよ。

そもそも「面」の多いピアノデザイン、脚に円を使う事でここまで印象が変わります。


ピアノとしては奥行168㎝とG2程。

大きすぎずのサイズがインテリアとしてもバッチリ。



それぞれのピアノに言える事ですが、現代のピアノに無い魅力というのが本当にあります。

そしてこの当時の楽器はなかなか入荷が無いのも事実。


デザイン、音、雰囲気、一度ご覧頂き、現在に無い魅力的なピアノの存在を知ってもらえると嬉しいです。


文章:桃太郎




スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽