So-net無料ブログ作成
メッセージを送る
コンサート・観劇・映像 ブログトップ
前の5件 | -

今週末は丸山凪乃ピアノリサイタル [コンサート・観劇・映像]

ピアニスト丸山凪乃さんリサイタル名古屋公演が今週末に弊社で開催されます。

名古屋(裏).jpg以前にもホームページや当ブログでもご紹介させていただいてますが、一年半ぶりの帰国公演で大阪・名古屋・東京・横浜の4都市で開催。


そして今週末の3月2日は丸山さんの出身地でもあります愛知県。

会場は弊社ナゴヤピアノコンサートサロンでの開催となります。


丸山さんのご活躍は皆様ご存知かと思いますが、まずはその素晴らしい演奏をお聴きいただきたいと思います。


弊社ナゴヤピアノコンサートサロンにご来場いただいた事のあるお客様はご存知かと思いますが、弊社の会場はなんと言ってもそのピアニストとの距離にあると思います。

通常のコンサートホールと違い、ピアニストとの距離がかなり近い所で聴けるのが弊社サロンの特徴。

是非皆様のご来場お待ちしております!


当コンサートはお得なWEB申込割引もありますのでご利用下さい。




文:桃太郎


スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽

猫もピアノ弾くにゃぁ〜 [コンサート・観劇・映像]

昨日は猫の日でしたね。毎日猫の日でもいいですよ。

という事で当社では、wさんが猫ちゃん担当なのですが、今日は私も便乗して可愛いネコチャン動画をご紹介。




結構有名な動画ですのでご覧になった方も多いはず。

投稿者さんがショパンの革命を演奏してると鍵盤に飛び乗って、しかもそのまま座っちゃう。

その時の表情も大変素晴らしく、少々大きめの肉球がちゃんとお利口さんに並んで鍵盤に座。

このまま香箱座りに移行せんと言わんばかりの安定感。慣れておる。(いつも練習出来ないんでしょうね(苦笑

でもリラックスした表情を見ますと、ピアノも投稿者さんも大好きなのが伝わってきます。


さて、私自身も猫と一緒に住んでますが、時々こんな感じで鍵盤に乗ってきて大体2オクターブくらいは占有します。

困ったものです(嬉


文章:桃太郎




スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽

ピアノを弾くクマ [コンサート・観劇・映像]

子犬のワルツや動物の謝肉祭など動物にまつわる曲というのは色々あります。 ハイドンの交響曲に「熊」というなかなかインパクトのある愛称がついた曲もあります。
さて、そんな熊さんがピアノを演奏しちゃう動画があります。
この記事・動画自体は去年のものになりますが、アメリカで自宅を荒らされてしまった女性が不審に思って監視カメラを仕掛けておいたところ偶然撮影されたようです。

演奏内容は、まずおもむろにピアノに向かい「バーンッ」と不協和音。前衛的表現ですね。
熊さんの「弾いたった感」あふれる表情。聴衆に伝わって参ります。

そして何事もなかったかのようにピアノを後に去っていきます。雄大な後ろ姿、野性味あふれる演奏でした。

しかし記事によると楽屋(キッチン)を荒らしていった様子・・・、
これにはクマった(困った)。クマった・・・クマった・・・


文章:桃太郎


スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽

調律師の映画「羊と鋼の森」本日公開 [コンサート・観劇・映像]

「羊と鋼の森」公開おめでとうございます。

本日から公開という事で皆様ご覧になられますでしょうか。

弊社スタッフも観に行くスタッフが予定をたてておりますね。

私の家族も観に行きたいと言っていたりと周りは「羊と鋼の森」一色な感じです。

12月14日.jpg


テレビでも公開の宣伝があったり、先日発売された「月刊 ショパン」でも6月号は「羊と鋼の森」が巻頭特集に組まれております。内容も充実しておりなかなかの読み応え。


普段ピアノの影でひっそりとバタバタ作業しておりますこの職業。

ピアノに対する見方が変わるかもしれませんね。



文章:桃太郎









スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽

フォルテピアノを使ったコンサート [コンサート・観劇・映像]

ピアノがいつ頃誕生したかご存知でしょうか。

そんなこと今や、[ ピアノ 誕生 ]で検索すれば誰でもすぐ分かりますが、今から約300年前にイタリアのバルトロメオ・クリストフォリという人が発明したそうです。
ちなみに「ピアノ」で検索して出てくる 代表的な解説サイトWikiなんとかさん」の解説ページに出てくるグランドピアノの写真はスタインウェイです。はい。

ピアノはもともと現代のようなスタイルでは無く、名称もイタリア語で「クラヴィチェンバロ・コル・ピアノ・エ・フォルテ」 という名称で「音が強弱出来るチェンバロ」という意。

そこから紆余曲折すったもんだあって今の恰好をしとる訳です。

img011.jpg そんな古い時代、紆余曲折すったもんだの頃に遡ったピアノを使ったコンサートというのはいかがでしょうか。

 これはアントン・ヴァルター1800年製作フォルテピアノのレプリカだそうです。

古楽器の世界というのは実に深く、それはそれは大変興味深くあります。
普段聴き親しんでいるクラシックコンサートとはまた違う雰囲気が楽しめそうです。

この演奏会は「4月4日はピアノ調律の日」という事で、主催が(一社)日本ピアノ調律師協会中部支部になります。

「音の国際基準440Hz」の4並びにちなんで4月4日がピアノ調律の日になる事から、毎年調律師協会が主催して「よんよんコンサート」という催しを各地で行っております。※コンサート日時は4月4日に限りません。今回ご紹介の公演は9日です。

今回のフォルテピアノを使ったコンサートもその一つになります。

コンサートは春の陽気の素敵な時期になりますね。ご興味のある方、ぜひ足を運ばれてみてはいかがでしょう。 

文:桃太郎 

 

 


スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽
前の5件 | - コンサート・観劇・映像 ブログトップ