So-net無料ブログ作成
メッセージを送る
豊郷小学校 スタインウェイ ブログトップ
前の5件 | -

豊郷小学校のスタインウェイ [豊郷小学校 スタインウェイ]

今年も調律にお伺いしてきました。

といっても、昨年もコンサートや映画の撮影に使われた際に調律にお伺いしておりますけれども。

今回は、年に1回ご予算を取っていただいておりますので、時間をかけて調整もしっかりとしてきました。

IMG_0371.jpg

素敵でしょう?

このピアノのこれまでの経緯は、このブログの左側の「カテゴリー」の下のほうに、「豊郷小学校スタインウェイ」というのがありますのでそちらからご覧ください。

…自分でそれを見てみたら、前にも同じようなアングルで写真を撮っていましたね(^^;

作業をしていたらこのピアノの修繕にご尽力されたピアニストの加藤希央さんが声楽家のご友人とお見えになられて、少し弾いてくださって「いい音!」と感激されていらっしゃいました。寒かったので弾かれたのは少しだったのですが、本当は動画に収めて皆様にお伝えしたいと思ったくらいこのピアノとこの講堂の響きが美しかったのでした。

この建物、正式には「豊郷小学校旧校舎群 講堂」というのですが、演奏会等で借りることもできます。

普段ホールなどでフルコンサートピアノで演奏会をされるピアニストの方々にはちょっと物足りないかもしれない小さめなピアノではありますが、天井が高く広い講堂の響きは、ホールとは違った味わいのあるコンサートができるのでは、と思います。また、よく響きますので、声楽や弦・管楽器などのソロとピアノ伴奏、あるいは小規模なアンサンブルにもよいのではないかと思います。

いつの間にか、当社で修繕してこの講堂にお納めしてから6年以上が経過していました。早いものです。
このピアノがもう少し活躍できる場があるといいなと、またそれを聴いてみたいなと思いつつ。

-w-

スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽

豊郷小学校のスタインウェイ [豊郷小学校 スタインウェイ]

滋賀県豊郷町の豊郷小学校旧校舎群。
その広~い講堂のすみっこ!

DSC_1210.jpg

に鎮座しているのが、弊社工房でオーバーホールしたスタインウェイ。

今日はその調律、調整にお伺いしてきました。

このページ左のカテゴリーの下のほうの「豊郷小学校 スタインウェイ」をクリックしていただけると、納品した頃の記事もお読みいただけますが、納品したのが2012年ですからもう5年も経つのですね。早いものです。

古いピアノですが、しっかりとオーバーホールされていますし、定期的な調律調整をしていくことでまだまだこれからも永く美しい音色を奏でてくれることでしょう。

DSC_1212.jpg

うつくしい。かっこいい。すばらしい!

ちなみに、旧校舎群は見学は自由にできますし、カフェもあったりしますし、この講堂にも自由に出入りできるのです。今日も外国の方々(に確実に見えたのですが、聞こえてきたのは「調律してるから静かにしなきゃ」という日本語のささやきでした…)が写真を撮っていらっしゃいました。

しかし。残念ながら普段ピアノにはしっかりとカバーがかけられていて直接見ることはできません。
コンサート等の機会にぜひ。

末永く愛されるピアノになってほしいなと願うばかりです。

-w-


スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽

2周年! [豊郷小学校 スタインウェイ]

琵琶湖!(強風!寒かった!)
DSC_0117.jpg

というわけで、滋賀県の豊郷小学校は

「けいおん!」の聖地!

ということで、聖地巡礼!
DSC_0110.jpg

 

 

…ではなくお仕事です。

DSC_0108.jpg

豊郷小学校のスタインウェイが修繕2周年を
迎えました。
それを記念して行われるコンサートに先立って、
調律・調整をしてきました。

「けいおん!」だけでなく、由緒ある建物ですので、
いろいろな世代の方が見学されていました。

このスタインウェイの弊社工房での修理の様子が
たくさんの写真とともにアルバムとなって
お店にありますので、
興味のある方はお気軽にお越しください。

DSC_0114.jpg

-w- 


スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽

スタインウェイピアノ修繕記念講演&コンサート 2 [豊郷小学校 スタインウェイ]

 

10.5 023.jpg

 10月21日に、滋賀県の豊郷小学校旧校舎で、スタインウェイピアノの修繕記念講演&コンサートが行われました。

愛知県のピアニスト・加藤希央さんの情熱によって、ぼろぼろになっていたこのピアノが修理される事となり、半年間かけてすばらしい音によみがえりました。

初めは、虫食いがあったり、塗装がはがれて木が見えていたり、外部も内部もぼろぼろの状態でした。

そこで傷んだ部品を新しい物に取り換え、ピアノ弦を張りかえ、外部の傷を直し、塗装もし直し、タッチの調整などを行い、当社の工房で半年間かけて生まれ変わりました。

音もすばらしいですが、譜面台が透かし彫りになっていて、見た目にもとても美しいピアノです。

 

 

 

 

10.5 006.jpg

当日はたくさんのお客様がいらっしゃって、客席もほぼいっぱいでした。  

当社の社長による、修理の様子やスタインウェイの歴史などについての、公演もありました。

社長がこのような場で講演をするのは、めったにない事なので、わたしたちスタッフとしても、とても新鮮でした。

 

 

 

10.5 018.jpg

ピアニストの加藤希央さん、福井友美さん、アンサンブル・カラヴィンカの木管五重奏のみなさんです。 

みなさんとても素晴らしい演奏で、客席を楽しませてくれました。 

そしてピアノの音はとてもよい音色でした!

さすがスタインウェイ! 

 

 

10.5 013.jpg

 講演とコンサートが終わった後は、お客様も舞台に上がって、間近でじっくりとピアノを見ている方や写真を撮っている方が多くいらっしゃいました。

きっとお客様の多くは、この学校の卒業生ではないかと思いますが、

子どものころ学校で使っていたピアノが新しくよみがえって、このようなコンサートが開かれると言うのは、

きっと感慨深い事なのではないかな、と思いながらコンサートを聞いていました。A

 

 

 

 


スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽

スタインウェイピアノ修繕記念講演&コンサート 1 [豊郷小学校 スタインウェイ]


 
10.5 009.jpg
 先日、滋賀県の豊郷小学校旧校舎で、古いスタインウェイを使ったコンサートが行われました。
 
ピアノは85年前のもの。
 
このスタインウェイピアノを、当社(名古屋ピアノ調律センター)で修理を行い、 10月21日にお披露目のコンサートが行われました。
 
毎日新聞でも紹介されていました。

http://mainichi.jp/feature/news/20121018ddlk25040510000c.html

 

 

10.5 001.jpg

 この小学校の旧校舎は、1937年に建てられた歴史ある建物で、観光に訪れる人も多くいます。

アメリカ人建築家、ウィリアム・メレル・ヴォーリズの設計で、同校出身の古川鉄治郎氏によって寄贈されました。

また、アニメ「けいおん」の舞台となったことで、アニメファンの間では有名なようです。

 

 

 

10.5 002.jpg

 階段の手すりには、ウサギとカメの童話をモチーフにした、このような像がいくつもあり、とてもかわいらしいです。

こんな小学校に通えたら楽しそうです。 

 

 

 

 

 

 

 

 

10.5 018.jpg

 コンサートは、ピアノソロ、ピアノ連弾、その他に管楽器が5人加わり、すばらしい演奏会となりました。

ショパンの曲や、ガーシュインの「ラプソディーインブルー」、日本の歌の他に、ベートーヴェンの第九「歓喜の歌」をロックバージョンに編曲したものまであり、、とても楽しい演奏会でした。 

ピアノもとても良い音色で響いていました!

さすがスタインウェイ、きちんと修理するとこんなに良い音によみがえるんだと、実感できるコンサートでした。 

 

 

本.jpg

 

豊郷小学校については、このような本も出ていますので、ご興味のある方はぜひ読んでみてください。A

 
 

スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽
前の5件 | - 豊郷小学校 スタインウェイ ブログトップ