So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
メッセージを送る
ボストンピアノ ブログトップ
前の5件 | -

ボストンアップライトピアノが月々10,300円から! [ボストンピアノ]

ボストンロゴ.pngスタインウェイデザインピアノのボストンピアノに興味をお持ちのお客様へご案内です。ボストンピアノには、低金利の分割での購入という選択肢もご用意しております。


例えば、アップライトピアノのUP118PE 黒艶出しモデルの場合、頭金40万円弱ご用意していただくと、60回払いで月々のお支払い10,300円でご購入いただけます。

現在キャンペーン中につき、実質年利は1.5%。

先程例に出した60回払いでも分割手数料は23,000円程度と大変魅力的です。

無題.png


・今あるご予算を有効に使いたい

・貯金はあるけど手元にある程度残しておきたい

・早い段階からいいピアノに触れたい


いずれかにあてはまるお客さんは、シミュレーションだけでも承りますので、まずはピアノを確かめにお気軽にお越しください。ご相談、ご来店お待ちしております♪h

スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽

学生応援!ボストン特別キャンペーン [ボストンピアノ]

現在、実質年率1.5%での低金利ローンが適用されているボストンピアノですが、3月~4月の限定で、学生用にボストンをご購入されるお客様に限り、実質年率1.0%が適用されるキャンペーンを実施中です!

個人のお客様で、「使用する方が学生であること」が条件となります。ローン契約者は学生である必要はありません。また、音大生や音高生に限らず、すべての学生が対象となります。

アップライトピアノ、グランドピアノそれぞれの支払い例をあげてみます。


(例)アップライトUP118PEを48回(4年)払いの場合
UP118PE定価(税込) 1,026,000円
支払期間(支払回数) 4年間(48回)
頭金 400,000円
初回支払額 13,733円
2回目以降の支払額 13,300円
ボーナス月加算額 なし
分割手数料 12,833円
分割支払金合計 638,833円
支払総額(税込) 1,038,833円


(例)ボストンGP178PE2を60回(5年)払いの場合
GP178PE2定価(税込) 2,775,600円
支払期間(支払回数) 5年間(60回)
頭金 1,200,000円
初回支払額 28,835円
2回目以降の支払額 26,900円
ボーナス月加算額 なし
分割手数料 40,335円
分割支払金合計 1,615,935円
支払総額(税込) 2,815,935円


これは支払い例の一つとなりますが、支払回数や、頭金、月々いくらで支払いたい等、お客様のご要望に応じて随時シミュレーションを承っております。


3月21日.jpg1.0%の金利となると、分割手数料も毎月の支払額1~2回分程度でおさえられます。いいなと思える楽器で弾けることは、演奏する楽しみにも繋がり、長続きすることにも繋がると思います。

もし、考えている予算では足りないし、と諦めてしまっている方は、分割払いという選択肢も加えてみてはいかがでしょうか?きっと、プラスになる面がたくさんあると思います。

店頭では、引き続きボストン試弾会も行っております。スタインウェイファミリーであるボストンの魅力に触れるよい機会になれば嬉しいです。試弾希望の方は、ご予約をお願い致します。h

スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽

ボストンの調律 [ボストンピアノ]

調律をするうえで重要な要素である「音をとめる」という事について、先日のブログでもお伝えしました。

この音のとまり具合(チューニングピンの回り具合)を「ピン味」と呼びますが、このピン味はピアノによって違います。


20130108_172836.jpg写真はボストンピアノのチューニングピン、及びチューニングピンが打ち込まれているピンブロック(ピン板)と呼ばれるモデルです。このチューニングピンならびにピン板によって調律具合は随分変わってきます。

下記はこのボストンのピン板についての解説です。
スタインウェイ固有の数々の技術革新のなかで、米国特許のオクタグリップ・ピンブロックはボストンピアノだけに採用されています。11層の堅木メープルを、木目方向を60度ずつずらして貼り合わせることにより、全方向からの力を均一に保ち、チューニングピンをしっかりと保持し、調律を長く維持します。

という事で、実際に調律した具合はやはり独特なピン味になり、他ではなかなか無い感じ。

それに伴い音色の変化も本当に感じやすいものになります。

ボストンは調律の合わせ方ひとつで、それはピン操作もそうですし、鍵盤の叩き方、いわゆる打鍵の仕方・方法によっても音が変わりますので大変奥深いです。

15188443090820.jpgそれは小型のアップライトピアノから大きいグランドピアノまで共通したものであり、他メーカーにみられる「高額機種」と「安価な機種」とで材料を変え区別してしまっている物とは違ってきます。

 

文章:桃太郎


スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽

ボストンピアノにする3つのメリット [ボストンピアノ]

たくさんのピアノがあるなか、ボストンピアノにする3つのメリットを挙げていきましょう。


①スタインウェイブランドである

ご存知のとおり世界中のピアニストに支持され選ばれ続けているスタインウェイ。

ボストンもその最高峰にあるピアノブランドという事であらゆる分野において評価されています。

スタインウェイ独自の特許やノウハウが凝縮されています。

そして楽器としてはもちろん、所有するという意味でもステータスとして大変価値があります。


②スタインウェイ技術者がアフターケア

スタインウェイのDNAが組み込まれたボストン。

やはり調律・整調・整音、修理から日常の管理まで、スタインウェイ技術に基づく事でボストンの本当の価値が発揮されます。

もちろん弊社では、各スタインウェイ技術研修を経た熟練のスタッフが対応しておりますので、常にベストな状態でお使い頂けます。


③良い音である

これは最もシンプルな言葉であり、ピアノにとって一番大切な要素です。

楽器ですから、まず音が良い事に尽きます。どんなに素晴らしいブランドでも、どれだけ調整に力を注いでも、結果「音が良くなかったら」そこまでです。

やはり弾き手が常に魅了され惹きこまれていく様な音を持っていないといけません。

私もたくさんのボストンピアノを担当させてもらってますが、常にその音の良さに魅了されます。

ホントに「良い音」ですよ。


GP178PEⅡ (9).jpgさて、メリットを3つ挙げさせて頂きましたが、逆にデメリットをひとつ申し上げますと、管理や調整を怠ると途端に調子が悪く感じます

これはスタインウェイにも共通しますが、完全に調整された「良い音」の時と、そうで無い時の落差を大きく感じやすいからでしょう。


言い過ぎかもしれませんが、考え方によってはケアに手間がかかるかもしれません。

しかし、キチンと調整されていようがいまいが、あまり音や状態の変化を感じにくいピアノとは一線を画した違いがそこにはあります。




文章:桃太郎







スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽

ボストンピアノ中古~新品各サイズ展示中です [ボストンピアノ]

ゴールデンウィークも中盤になりそろそろ一息入れたくなる頃でしょうか。

そんな中、GW中も通常営業しております弊社。


現在スタインウェイブランドでありますボストンピアノの展示が充実しております。

14938573625630.jpg

グランドピアノでは、サイズ156㎝、163㎝、178㎝と、サイズ感としてはリビングはもちろんお子様のお部屋からレッスン室・防音室まで収まりやすいサイズが展示してあります。

しかし何と言いましてもボストンの魅力はその音色にあります。中低音に感じられる厚みのある質感、これは例えば156㎝の小型グランドでもさらにワンサイズ上の質感を感じる事が出来ます。ボストンの特徴的な設計である響板面積を大きくとる「ワイドテイル設計」による音質で、これはかなりの弾きごたえがあります。

他にもボストンには様々なこだわりがありますので、ぜひご試弾頂き実感して頂ければと思います。


写真のように弊社では各サイズを並列でご試弾できますので、ご納得いくまでお弾き比べ下さい。

 

14938573785391.jpgそして今回はあらたに「中古のボストングランドピアノ」も入荷しております。

ボストンは中古でもなかなか少ない機種になりますので、こちらもまたご興味があればお早めに。


さて、この中古のボストンはもちろん、新品のボストンにも言える事ですが、ボストンは「スタインウェイブランド」のピアノであるという事。
それはつまり、内部の整調や整音、そして調律まで、スタインウェイに精通した技術者がメンテナンスをかける事が重要です。
もちろん弊社では専門の技術者が丁寧に仕上げております。
ご購入のアドヴァイスから、ご購入後のメンテナンス、管理の方法まで幅広くお応え可能です。


このゴールデンウィーク中にぜひ足をお運び下さい。


文章:桃太郎




スタインウェイをはじめ、ピアノのことならお気軽にご相談下さい!
→ 名古屋ピアノ調律センターのホームページへ
 共通テーマ:音楽
前の5件 | - ボストンピアノ ブログトップ